« STEELPANで、 | トップページ | THE TROLLEY SONG »

2010/05/09

ニコニコ

なんで、そんなにニコニコしてるんですか...
 
 
R1002083
 
 
そんなこと訊かれてもねえ...
 
R1002092
 
 
こけしですから...
 
 
R1002073
 
 
金七型、牡丹柄のもよいですねえ...
 
(吉田昭さん 3寸位(荒井金七型) S57.6 (1982))

以下雑記

連休中、平塚で長谷川潾二郎展を見てきました。
実物、とてもよかったです、
家に帰って図版を見たのですが、あたりまえでしょうが、
なにか抜け落ちてしまってます。

会期中もう一度行ければ...

静物画のいくつかの作品にアイスクリームのカップが
描かれているのですが、まだこんなのどこか作ってるかしら?
ご存知の方がおられましたら教えて下さい。
R1002179


あとは日比谷野音でSPRINGFIELDという細野晴臣がらみ?の催しを見てきました。
初めて、生で大貫妙子さんを拝見したのですが、
全然、声にお変わりが無く、ちょっと驚きました。
あとは、初めて聴いたのですが、キセルという方々もよかったです。
来週の日曜、同じく野音でのROVOの方にも出るようなので楽しみにしております...

今日は鴬谷の『ねぎし』さんにて、東京こけし友の会の
こけし談話会に行ってきました。
今回は小椋米吉、俊雄親子と、その写しを作られている、阿部一家、北山賢一さんのこけし達。
北山さんのもので本人型かと思ってたものが、写しであったのが判ったり、有意義な鑑賞会でした。
小椋俊雄のこけし、眼が二重で描かれてたり、顎が描かれて小鼻が膨らんでるのやら(以前に上げてある北山久美子さんのと同タイプのものに、更に顎の線が描かれてるの)、
ほんまに同じ人が描いてるんやろうか?と思うくらい、バリエーションに富んでおりましたよ...

帰りみち、長谷川潾二郎の絵のモチーフになっていた
『もじゃもじゃペーター』の縮小版絵本を見つけました。
Img_0499

|

« STEELPANで、 | トップページ | THE TROLLEY SONG »

こけし」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

こけしのほほえみ・・癒されますよね。
まぁ、どんなタイプの子にも癒されちゃうんですが(笑
りんじろう展行かれたんですね!やっぱり生で観る物は
違いますよね!私も頑張って行ってみようかしら?
因みに教えていただいたコーネル展には、連休中家族で
出かけました。お庭の躑躅や八重桜らが満開で、とても
美しかったです。ひとひらの桜を手につかもうと母娘で
必死に桜吹雪の中格闘したりして。大貫妙子さんは実に
小学生時代からのファンですが、生で拝見したことは
なく・・。声が変わらないとは素晴らしいですね。
ペーター、シザーハンズかと思いました(笑)
この手の教訓絵本、色々あるのでしょうが、結構残酷と
いうかシビアな内容のものも多いですよね。風潮なのか
そういう個所を省いたものが増えていますが、子供たち
は結構そういうの好きなのにな~と残念に思います。

投稿: 碧蝉 | 2010/05/10 15:36

碧蝉 さま

佐倉のほう、母娘で愉しまれたのであればなにより…

そういえば小学生の頃、授業中だったか掃除の時間だったか、教室に母がやって来て、「展覧会の会期が今日までやから、今から行く!」、と連れ出された記憶が有ります。ドレスデン美術館のだったか…

えっ! 大貫さんを小学生の頃に聴かれてたのですか!
70年代ではないですか…(ごめんなさい)
私が初めて聴いたのは「Aventure」でした…
あと、「みんなの歌」だったか、グリーグの"みずうみ"が特に記憶に
残っています。90年代以降聴いてなかったので近作も聴いてみます。

「もじゃもじゃ~」初めて読んだんですよ。娘さんが燐寸で火遊びして真っ黒焦げ、猫が悲しんで?涙で池ができてるの…
「マザーグース」や「ピーターラビット」にもえげつないのが有ったかしら…

なんだか、昔話ばかりになってしまいましたが、吉田さんのこけし、なんというか、尖ったところはないのですが、でも惹かれるところがあるんですよねえ、まだ作られてるようですので、碧蝉さまも是非もう1本、癒されて下さい!

投稿: hi | 2010/05/11 02:14

わ~、そういうお母様大好きです(笑)大貫さんは小6位からですね…黒のクレール聴いて好きになり、今もよく若き日の望楼を適当な仏語で歌ってます。みずうみも懐かしい~っ!逢いたいのはあなたじゃなくそばかす気にしてた日の私(?)とかいう箇所が特に好きでした(笑)吉田さんのこけちゃんはどこで手に入るかしら?是非とも一本♪

投稿: 碧蝉 | 2010/05/11 02:33

夜分に一節唄っていただき恐縮で御座います(笑)。
ワルツのリズムになるところですよね、
歌詞は合ってますよ、確か…

東京だと町田のお店に何本かあったと思います。
今年の白石のこけしコンクールにも招待工人さんで
出られてたようですね…

投稿: hi | 2010/05/12 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540184/48318812

この記事へのトラックバック一覧です: ニコニコ:

« STEELPANで、 | トップページ | THE TROLLEY SONG »