« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/29

”王妃”

昨晩。仕事を抜けて上野まで、オーケストラ・リベラ・クラシカのコンサートへ。
このオーケストラは、古典派、大雑把にいうと18世紀から19世紀初頭あたりまでの西欧音楽を、いわゆるピリオド奏法なんぞと呼ばれる、初演当時の演奏様式、楽器で演奏する楽団です。
2002年からハイドンをメインに、築地の朝日新聞本社にある浜離宮ホールをベースとして定期演奏会を行ってたのですが、今年からは諸事情により、上野の文化会館の小ホールで…

今回の演目は、ハイドンの初期の11番と後期、エステルハージ公の専従を解かれて、自由に作品を発表できるようになった頃、の85番"王妃"の2曲のシンフォニーの間にモーツァルトのピアノコンチェルトを挟んだもの。

ピアノ(フォルテピアノ)はKristian Bezuidenhoutという南アフリカ出身の若い方。
文化会館は浜離宮と比べるとデッドな感じなのですが、その分、フォルテピアノの弱音の細かいニュアンスがよく聞き取れました。

ハイドンは、俗謡や鳥の鳴き声やらが聞こえるような、親しみやすいモチーフなのだけれど、それが驚くようなアレンジを施されて展開していくのが愉しい…
Symphony No.85 in B-flat 'La Reine': II. Romance. Allegretto (Philharmonia Hungarica, Antal Dorati)

王妃というサブタイトルは”…パリで出版された楽譜の、第1ヴァイオリンのパート譜にあった…(La Reine de France. Mr. Haydn, 3me Sinfonie)…”とのことですが...

それに比べてモーツァルトは…うまく表現できないのですが、夕空を見ているような、移ろっていく微妙な変化が美しい…

Concerto in B flat KV 456, Allegro viace.

こちらにリハーサル時の写真があがってました。
 

 
はなしは変わって... 
 
東京こけし友の会の鳴子旅行についていきます。
初鳴子行きです。
結構な出費ではあるのですが、カメイ記念館と日本こけし館のこけし達を直に見れるとのことなので…

おまけ

マリーアントワネット、これだっけ?

Image3bx
 
『パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!』

(wikiをみてみたら、“Qu'ils mangent de la brioche”、だそうで『お菓子』はブリオッシュのことだったのねえ...、本人が言ったかどうか定かではないようですが...)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/27

地底人

いまごろ、なんですが...
いしいひさいち『ののちゃん』を全集版で読み出したら
止まらなくなってしまいました…さかのぼって『となりの山田くん』まで...
いしいひさいちは『がんばれ!タブチくん』の頃から読んでるんですが、メジャー紙での連載なのでつい後回しにしてました…
しかし、連載始めたの、ついこの前だと思ってたら、もう20年近く経ってるんだわ…

個人的に読んでて楽しいのは、
あの! 地底人が、あちこちでてきます...


ののちゃんの作文で...
R1002180
 
かばんに... 

R1002183

ゲームに...

R1002182

タンスの上にも...

R1002184


彼等は岡山弁で喋るんだったか…
地底人のキャラクターグッズなんかないわよねえ…
編みぐるみでも自作してみようかしら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

Carmen Miranda !!

音だけ、今まで聴いて楽しんでたのですが...
 
今日、初めて、動いている姿を見ました...
 
圧倒的だわ...すごいチャーミング!
 
 

 
 

 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

いろいろと

今日はこけし会、
例会ギャラリーは岩本芳蔵の本人型。
iPhoneにて撮影したので汚い画ですが...

Img_0504

Img_0505

荒川洋一さんの写しも...
Img_0506

最後に、わたしが今回購入したもの...
新品で鎌田孝志さんの佐藤栄治写し(西田記念館蔵、4寸4分)
と中古で渡辺和夫さんのもの。
手前が今回のおみやげこけし、渡辺隆さん。
 
Img_0503


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近、見たり聴いたりしたこと。
15日に恒松正敏の個展@ギャラリー椿へ。
音楽家としては高校生の頃から知ってはいたのですが、絵のほうを見るのは今回が初めてでした。
作品はこんな感じ
私は好きです。

22日には清澄のhiromiyoshiiにて西祐佳里の展示を見ました。
このかたを知ったのは石橋英子のCDジャケで...
今回は絵のほかに、↓の映像作品も展示?上映?していました。

今日はこけし会後、岩波ホールでマノエル・ド・オリヴェイラの『コロンブス 永遠の海』に。
映画館で見るのは『メフィストの誘い』以来で久方ぶり、今回の上映はデジタル素材でしたが...
昨年の作品も近いうちに見れそう、タイトルは『ブロンド娘は過激に美しく』だそうです...

岩波ホール、今回初めて行きましたよ...
関西にいた頃は北浜の三越劇場でエキプ・ド・シネマ系のものをよくやってました。
初めて見たのはアラン・レネの『アメリカの伯父さん』だったか...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/20

祝!来日

なんと、The Raincoats が6月に”来日”するとのこと
  

 
前にアルバムがでたのが15年前、その前が更に10年前くらいだからねえ...

長生きはするもんだわ...
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

ファンクラブより

今晃ファンクラブより春の頒布が届きました。
今さんの体調がよくないとのことで
小寸(2寸位)2本。
山谷多兵衛型です。
 
試しにモノクロで撮ってみたのですが…
素人がコンデジで撮ってるもんですから、当然ながらKokeshi Obsucraのようにはまいりませんが...
  
R1002225
 
 
 
R1002227
 
 
 
R1002233
 
 
 
最後はカラーで 
R1002197
 
齊藤さま、いつも有難うございます。
m(_ _)m 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/13

ぼうず

というより、乳児でしょうか...  
 
R1001946
 
 
てっぺんに毛がありません...
 

R1001944
 
 
禿、っていったらあんまりだわよねえ...
 
 
R1001950
 

襟元も可愛い... 
 
 
R1001929
 
 
裏には紅葉...(パイラ星人、ではありません...)
 
 
今度は毛のある子だ!!

(菅原修さん、秋田本荘)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/11

THE TROLLEY SONG

コシミハルがこちらのアルバムでJacques HélianやRay Venturaを彷彿とさせるカヴァーを披露しております。(フランス語歌唱)
(5/25追記、Pied Pipers(唄はJo Stafford)のversionをほぼそのまま使ってるようです...)
 
 

『若草の頃』

こんな小さな画質の悪い画ですら輝いて見える、
テクニカラーとはなんと贅沢なものだったのでしょう...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/09

ニコニコ

なんで、そんなにニコニコしてるんですか...
 
 
R1002083
 
 
そんなこと訊かれてもねえ...
 
R1002092
 
 
こけしですから...
 
 
R1002073
 
 
金七型、牡丹柄のもよいですねえ...
 
(吉田昭さん 3寸位(荒井金七型) S57.6 (1982))

以下雑記

連休中、平塚で長谷川潾二郎展を見てきました。
実物、とてもよかったです、
家に帰って図版を見たのですが、あたりまえでしょうが、
なにか抜け落ちてしまってます。

会期中もう一度行ければ...

静物画のいくつかの作品にアイスクリームのカップが
描かれているのですが、まだこんなのどこか作ってるかしら?
ご存知の方がおられましたら教えて下さい。
R1002179


あとは日比谷野音でSPRINGFIELDという細野晴臣がらみ?の催しを見てきました。
初めて、生で大貫妙子さんを拝見したのですが、
全然、声にお変わりが無く、ちょっと驚きました。
あとは、初めて聴いたのですが、キセルという方々もよかったです。
来週の日曜、同じく野音でのROVOの方にも出るようなので楽しみにしております...

今日は鴬谷の『ねぎし』さんにて、東京こけし友の会の
こけし談話会に行ってきました。
今回は小椋米吉、俊雄親子と、その写しを作られている、阿部一家、北山賢一さんのこけし達。
北山さんのもので本人型かと思ってたものが、写しであったのが判ったり、有意義な鑑賞会でした。
小椋俊雄のこけし、眼が二重で描かれてたり、顎が描かれて小鼻が膨らんでるのやら(以前に上げてある北山久美子さんのと同タイプのものに、更に顎の線が描かれてるの)、
ほんまに同じ人が描いてるんやろうか?と思うくらい、バリエーションに富んでおりましたよ...

帰りみち、長谷川潾二郎の絵のモチーフになっていた
『もじゃもじゃペーター』の縮小版絵本を見つけました。
Img_0499

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/01

STEELPANで、

テレマン...

バロックもの、案外はまってる。
音律の具合もあるのかしら...

Georg Philipp Telemann (1681-1767)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »