« Oum Kalthoum ウム・クルスーム 〜 Baed annak (part 1/11) | トップページ | 阿部市五郎さん »

2010/03/21

初めてこけし

初めて自分で『こけし』を買ったのは、
高橋雄司さんのものでした。
右側の細長いほう。

R1001166n500

2006年の6月頃だったか、
山形へ行ってこけし開眼した友人に誘われて
日本橋三越の山形物産展に出店していた
尚美堂のブースへついて行ったのが運の尽き…
それまでは全くこけしを意識したことは無かったのですが…

そういえば実家には、母が結婚する前、昭和30年代前半頃か、
に一関辺りでおみやげに買ったこけしが有ったようですが、
私は全く覚えていませんでした…
その後見せてもらったのですが、どちらかといえば新型に近い
もので尺の大きさの赤黒2本セット。
新幹線も無い時代に、ようまあ大阪まで持ち帰ったもんだわ…

まあそんなわけで、
今考えると、山形物産展で秋田のこけしを
買ってきたことになったわけですが、
当時はそんなことも分からず、
これとは別にもう一本、知人へのおみやげ用に
野地忠男さんのもの、色が奇麗だったので、
を選んで帰ったのですが…
その後、こけしのために秋田まででかけたり
することになるとは…


帯が星柄だったりするのにも惹かれます。
R1001089n500

小寸のほうは今年湯沢でもとめたもの

R1001214

こけし辞典等ではお父さんの高橋兵治郎のこけしについて、
脂粉の香がうんぬんなどと云われることが多いですが、
どうなんでしょう…そんなこと思いもしませんでしたが…


やっとこ、画像を適度なサイズに加工する
ということができるようになりました…

|

« Oum Kalthoum ウム・クルスーム 〜 Baed annak (part 1/11) | トップページ | 阿部市五郎さん »

こけし」カテゴリの記事

コメント

私のはじめてのこけしも高橋雄司さんでした。星の帯、おしゃれですね。
はだけた襟元や、ふっくらしたお腹の色っぽさは、仕事終えては湯沢の花街に繰り出す粋人兵治郎ならではの型だった、と雄司さんが言っていました。「でも私は真面目な性分なので、なかなか父のようには作れなかった」とも仰っていました。二年前自宅を訪問した時に伺った話です。紳士な人柄が懐かしいです。

市五郎さんの鉄蔵型といい、木の実さんの帽子のこけしといい、現役工人さんの素敵なこけし続出でワクワク楽しませてもらってます。秋田行きくなるなぁ。

投稿: 鳩山浩二 | 2010/03/23 15:53

あらまあ、鳩山さんも? 鳴子ではなくて?
『お腹』のはなしは私も聞きましたよ、幼児体型、というわけではない… この型で入れ子こけし作ったら性教育教材になってしまう、ってことはないか…

そういえば1月に日本橋高島屋に行ったとき、三春さんが言ってた、「駅から歩いてやってきた若い子がいた…」って、鳩山さんですよねえ?(笑) 私も工人さんのところへ行ってみたいのですが、まだ湯沢だけで、なかなか…
それでは、お手柔らかに!

投稿: hi | 2010/03/24 01:46

出会いは鳴子祭りの即売会場。
俺も、何の因果か、宮城で秋田のこけしに一目惚れしてしまったのでした。。雄司さんのこけしは服も髪型もモダンで、びっくりしたのを覚えています。

入れ子こけし、これが本当のはらみこけしですね。これで性教育する親が居たらちょっとステキかも。
しかし、二日前こけし屋でちょうど雄司さんの入れ子こけしに惹かれたタイミングでのこの話題、買えという辻占かしら(やばい)


>そういえば1月に…
はい、私です。(ばれている!ビックリです。。)
大変だったけど、覚えて貰えたので、歩いた甲斐があったのかな。東北は移動が大変ですよね。。
私も最近何度か現地へ行くようになっただけのカケダシ者、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

投稿: 鳩山 | 2010/03/24 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540184/47872502

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてこけし:

« Oum Kalthoum ウム・クルスーム 〜 Baed annak (part 1/11) | トップページ | 阿部市五郎さん »